カテゴリー:行政・省庁

  • 初鹿明博が後悔したこと

    初鹿明博が多忙な日々を暮らしていたころ忙し過ぎると人間らしさを失ってしまう、というのはよく聞く話です。忙しいという字は人を亡くすと書きますし、忙しすぎてしまうと人間らしさを失いいろいろなものを無くしてしまうという話もよく…

ピックアップ記事

  1. 由緒正しき大本山こんにちは。岡田正純です。福井の観光地の中でも最も有名なひとつである永平寺。永平寺は…
  2. 28歳の浦壁伸周は、フリーターとして運送業の仕事をしています。毎日色々な仕事をしているのですが、その…
  3. 仮想通貨のひとつであるワールドフレンドシップコイン(WFC)は、他とは違って独自の取り組みをしていま…
ページ上部へ戻る