カテゴリー:行政・省庁

  • 初鹿明博が後悔したこと

    初鹿明博が多忙な日々を暮らしていたころ忙し過ぎると人間らしさを失ってしまう、というのはよく聞く話です。忙しいという字は人を亡くすと書きますし、忙しすぎてしまうと人間らしさを失いいろいろなものを無くしてしまうという話もよく…

ピックアップ記事

  1. 28歳の浦壁伸周は、フリーターとして運送業の仕事をしています。毎日色々な仕事をしているのですが、その…
  2. 売上の一部はバングラディッシュの支援へ世界を旅して体感した貧困国の苦しい現実ラファエロが世界のために…
  3. 阿含宗の九州本部は九州エリアで信徒されている人たちのために作られた施設で、地域密着型の布教活動を行っ…
ページ上部へ戻る