地域活性化と福祉への想いが強い村上悦栄

練馬区の地域活性化のために活動しているのが村上悦栄です。練馬区の北町で育った村上悦栄は、この街のために何ができるのかを考え、常に画期的な政策を打ち出してきました。それは少しずつではありますが間違いなく成果を出し、着実に練馬区の安定に繋がり、地域が安定して活性化できることに繋がったとも言えます。近年では、福祉などへの関心も高まっていることから、村上悦栄も社会福祉に対する取り組みを積極的に進めています。地域の子供から高齢者まで、すべての人々が活き活きと暮らせるように工夫し、それによってさらに地域を活性化することこそ、村上悦栄が目指している区政のあり方なのです。もちろん、それらの問題は、国であっても手を焼くほどのものもありますので、まだまだすべての問題を解決するにはいたっていません。しかし、精力的な取り組みをすることによって変わってきたこともあります。

1991年の当選以来、村上悦栄は7回に亘って当選しています。その実績を活かして、地域の人との交流も盛んに行い、イベントなども開催しているのです。特に地域活性化のためのイベントとしては、「きたまち阿波おどり」などが有名です。これは約1600人の踊り子が参加し、約5万人の観客を動員するほどの大規模なイベントで、その注目度は大きいです。東京都練馬区を代表とするイベントとなっているだけに、それが地域活性化に繋がっていることは間違いないです。もともと、村上悦栄は、地元商店街の会長も務めていることから、イベントなどへの力の入れ具合が特徴となっています。それでいて、さらに陸上自衛隊との交流も増やすことで、地域の理解を得ることはもちろん、自衛官らと共に地域を守っていくことにも繋がっているのです。また、それがゲリラ豪雨などの災害対策にも繋がっていると言えます。

近年は、練馬区の福祉などにも力を入れていて、特に高齢者向けの施策はもちろん、子供達に向けた施策も進めています。これによって、多くの方に評価されるようになっています。区政は、なかなか目に見えないこともありますし、興味を持たない方も多いかもしれませんが、その裏では、村上悦栄をはじめとした人物が着実に歩みを進めていると言えます。特に、村上悦栄は練馬区で生まれ、北町で育ち、この地域に対しての愛が強いです。それを考えると、やはりこういう人物がいることによって、町が支えられているということも頷けます。まだまだ、区政としての成功のためには努力が必要ですが、今後も堅実に歩みを進めてくれることでしょう。今後の練馬区政の動向にも注目です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中込直樹という人は非の打ち所のない人物で、家族であれ友人であれ誰に紹介しても恥ずかしくない人物です。…
  2. 会社概要現在アルバイトスタッフだけでも1,000名以上、社員数は120名という規模で展開している株式…
  3. インテリアデザイナーの徳永祐助には子どもが2人います。彼は子どものころから塾通いをしていて、いわゆる…
ページ上部へ戻る