美容ライター牧野奏子が慶應義塾大学在籍時に経験した就職活動

就職状況というのはその人の実力だけではどうにもならないことがあります。現在の就職活動は売り手市場でかなり求職者側にとっては有利であると言われ、実際2015年春に卒業した大学生の就職率は96.7%に達しています。就活をするにあたって、どの職場を選択するかは重要なポイントです。就活のターゲットもだいぶ変化していて、30年くらい前までは第2次産業を志望する人も多かったのですが、現在では第3次産業に大きくシフトしつつあります。サービス業などへの就職を希望する学生が多いようです。

都内の高校を卒業後、慶應義塾大学に進学した牧野奏子は大手化粧品会社に就職し、現在は美容ライターとして活動しています。こうしてみると、自分の希望通りの進路を取っているように見えるかもしれませんが、そうではありません。牧野奏子は慶應義塾大学の文学部に進学していて、読書や文章を書くことにもともと興味があり、得意としていました。このため、慶應義塾大学に在籍しているときには、雑誌記者を志望して、出版業界に就職を希望していたことがあったそうです。

牧野奏子が就職するころは、就職氷河期の終わりに差し掛かったころでした。バブル経済が崩壊し、長い不況の時代に突入すると同時に就職氷河期に入っていきました。大企業を中心として採用枠を絞った企業ばかりになってしまったため、いろいろなところに応募を出してもなかなか内定が取れないという学生が多くいました。そのような環境の中では、慶應義塾大学を卒業した牧野奏子でも自分の思うようなところに就職できなかったというわけです。

牧野奏子は化粧品会社に就職するにあたって、化粧品業界の研究を丁寧に実施しました。化粧品業界がどのような人材を求めているのかを把握して、それを志望動機に反映できるように工夫したのです。化粧品業界と、応募しようと思った化粧品会社の研究・分析にはかなりの時間を割きました。その結果として、大手の化粧品メーカーに就職できたのでは、と自分自身でも考えています。志望動機を考えるときに「そのメーカーの化粧品を愛用している」「化粧品メーカーの商品が好き」ということをアピールするのがいいと思っている人もいるようです。しかし牧野奏子はそのような立場には立ちませんでした。

化粧品会社に就職して具体的にどのようなことをしたいのか、これを自分の経験に踏まえてアピールするのが効果的と考えています。牧野奏子は現在慶應義塾大学の友人の人脈を使って美容ライターとして活躍していますが、志望動機の文章作成で経験した試行錯誤が今に生かされていると感じることもあるようです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 神澤光朗は、大変友人思いで気遣いができる男です。そのため大学入学直後からすぐに多くの友人を作りました…
  2. 開局45周年の節目   TOKYOFMが開催しているアースハートliveのコンサートは、TOKYOF…
  3. img15478174907f11fc3760db8d9227247158969e017e4c.jpeg
    見た目の美しさは内面の自信にもつながります。あなたの本来持っている美しさを浦和 エステを活用してより…
ページ上部へ戻る