中込直樹さんの紹介とアピールポイント

中込直樹という人は非の打ち所のない人物で、家族であれ友人であれ誰に紹介しても恥ずかしくない人物です。周囲の人間に信頼を自然に得てしまう。それが中込直樹という人なのです。

中込直樹さんはもともと小さな頃からプロの小説家を目指していましたが、それはまた夢の夢だと自分自身感じていました。というのも、彼は高校時代に「文章を書くのがいくら好きでも、才能がなければプロになることはできない」という知り合いの作家の先輩の言葉を受け、とうとうプロになるという夢を諦めるようになりました。それから数年は、出版社に対して文章の投稿をせず、4年間通った大学を卒業しました。その後就職活動を懸命にするも、全くと言っていいほど企業から受け入れられませんでした。アルバイトなどで生活費を稼ぎつつ、ハローワークに通う日々は、小説家を目指していた中込直樹さんにとっては耐え難いストレスとなっていき、イライラはたまる一方でした。そんな時にふと見つけたライトノベル作品の募集記事を読み、消えかけていた小説家への夢が蘇ってきました。

彼は自分の頭の中にある書きたいことを目いっぱい詰め込んでひとつの作品に仕上げました。
結局受賞はできなかったため、夢をあきらめましたがいい思い出だったようです。

さて、そんな中込直樹さんには、とある趣味があります。それは、旅行とバイクです。彼は無類のバイク好きで、大学時代には留学先のアメリカでツーリングをするほどでした。

中込直樹さんはとても優しい人で、いつも誰かに気を使っています。彼は小さい頃からボランティア活動に励んでいた影響からか困っている人を見ると他人でもほおっておけないのです。だからといってお人良しというわけではありません。彼は他人に迷惑をかけたりする人間に対しては毅然とした態度で接し、堂々と注意をすることができる人間です。

幼い頃から正義感が強かったので、小中高と生徒会に所属していました。優しく正義感の強い彼に周囲も信頼を寄せていて、昔から相談役が多かったそうです。教師からの信頼も厚く、頼まれごとも嫌な顔1つせずに引き受けてくれるので教師からも今時珍しい菩薩のような子だと言われていました。

そんな中込直樹さんのボランティアで子供たちに算数を教えています。

もともと数学が得意だった中込直樹さんは、毎年のように長期休みに行っていた海外のボランティア先で小さな子に足し算や引き算などの簡単な計算を教えたりしたのがきっかけで人に何かを教えて理解してもらう喜びに目覚めたそうです。運良く地元の小学校から声をかけてもらって毎日子供達と一緒に学んで遊んでいます。毎日充実しているらしく、いつも明るい表情で学校に向かっているようです。

休日は自分の祖母が通っている老人ホームでボランティアをしています。中込直樹さんは老人ホームでも人気者で、和ちゃんのニックネームで親しまれています。老人ホームで働いている職員さんや給仕係さんとも仲良しで、ボランティアに行く度に食事もご馳走になるそうです。レクレーションの一環で折り紙をしたり、歌を一緒に歌ったりしているみたいですが、最近ではアニマルセラピーを勧めてみたり、遠足なんかのイベントの提案も行っているそうです。

中込直樹さんは実家から出て一人暮らしをしているので老人ホームに行った後は実家に寄って家族と過ごすようにしています。

家族構成は、両親と少しだけ年の離れた弟です。弟とは思春期の時分には少し仲違いがあったものの今ではお互い大人になったこともあり、よく将来のことについて相談されたり、2人でご飯を食べに行ったりしているようです。両親とも仲が良く、誕生日や結婚記念日にはプレゼントを送ったり、初給料では両親に旅行をプレゼントするような孝行息子です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 白石達也は江戸時代が好きな人間です。江戸時代のどこに惹かれるのかというと、前時代的なのに華やか、発展…
  2. ハーバード大学で日々勉強に励んでいる谷尾和昭の最大の特徴は好奇心です。谷尾和昭は好奇心旺盛なのでハー…
  3. 練馬区の地域活性化のために活動しているのが村上悦栄です。練馬区の北町で育った村上悦栄は、この街のため…
ページ上部へ戻る